夕凪SO BLOG

2021/04/14

【メンバーインタビュー】古市斗馬#52(後編)


福岡 前回に続き、古市さん(古市斗真#52)のインタビューをしていきたいと思います。前回は、古市さんがレギュラー出演されているラジオ番組『野球の路』のことであったり、プロテストで最終選考まで残ったときの話などを聞かせて頂きました。今回もクラブチーム千葉熱血Making(以下、熱血)でチームメイトでもあった誠人(藤原誠人#33)と山田さん(山田京介#24)にも参加して頂いております。

藤原 チームメイトではありましたけど、実はこういう感じで3人で話すって初めてですよね。2015年に斗馬さんと京介が帰ってきた時って、急にポンってチームに入ってきた感じだったから。僕は2010年に熱血に入って6シーズン目かな。かなり出席率が落ちていた時だった。仕事も忙しくなってきて、そろそろ硬式野球も潮時かなって思っていて。そんな時に、急に「なんか変な2人組が入ってきたぞ」みたいな感じでした(笑)「あれ、なんかみんなと雰囲気が違うぞ?絡みづらそ〜」みたいな。

古市 え、俺が?

藤原 いや、2人ともです(笑)

古市 山田 (爆笑)

古市 いや、俺じゃなくて京介だろ〜(笑)

藤原 いや、どっちもクセ強いじゃないですか(笑)日本の野球界ではなかなか見ないタイプ(笑)

#52 古市斗馬 #52 古市斗馬

古市 山田 確かに(笑)

山田 しかも、たまにしか来ないし。その上、めっちゃ遅刻してくるみたいなね(笑)

藤原 そうそう(笑)しかも、なぜかそれが比較的この2人は許されていた(笑)

古市 (笑)そうね〜。

山田 でも、弁解すると僕は遅れて行きたくて遅れていたわけじゃないんですよ。斗馬さんと一緒に行ってたんで、斗馬さんが遅れるから。僕も被害者ですよ(笑)斗馬さん迎えに行かなきゃいけなかったから。「お前も俺が一緒なら大丈夫だから遅れていけよ」って普通に言うんですよこの人(笑)

福岡 藤原 (笑)

山田 まぁ、僕もそれで良かったんですけどね(笑)

古市 ちょうどね、行く道も一緒だったからね〜。

藤原 だから、2015年のこの2人はすごく印象深かったんだけど。俺はその全国大会の後でチームを辞めちゃったから、その当時は全然絡まなかった。斗馬さんとは、お店で飲みながら話すことはあったけど。京介とは去年熱血に戻ってから、はじめて話したくらいの感じだよね。

山田 そうですよね。お互い全然知らなかったですよね。

藤原 そうそう。「遅れてくるやつ」の印象で止まっていた(笑)

山田 斗馬さんのせいですね。完全に(笑)

古市 おい(笑)しかし、変わった経歴だよね。こうやって改めて話してみると。

福岡 めっちゃおもろいです。ちなみに、真面目な質問に戻ると、今回SO BLUEで背番号を52にしたのはどんな理由があるんですか?



【プロとしての経験をさせてくれた思い入れのある番号】

古市 これはBCリーグの新潟で付けてた番号。

福岡 なるほどなぁ。やっぱり新潟には思い入れがあるんですか?

古市 やっぱり、野球の質という意味で。高校やクラブチームも面白かったけど。一応プロとしてプレーしたっていうことで思い出には残っているよね。サポーターとかたくさんは居ないけど、それでも観に来てくれる人がいて、応援してくれて、あったかい言葉とか、厳しい言葉ももらって。それが自分の給料に反映されるんだなって思った時に、NPBではなかったけど、貴重な経験だったなって思っていて。
1シーズンしか居なかったけど、応援してくれていた人が今でも連絡くれたりとか、縁が繋がっている部分があるので。やっぱり思い入れは特別あるかな。

福岡 なるほど・・・。そういう想いがあるんですね。もう1つ古市さんに聞きたいと思っていた質問があって。これから、古市さんはどういう形で野球に携わっていくのかなと。最初にSO BLUEに入った理由っていうところでもおっしゃっていたと思うんですけど、改めて、今後の野球との携わり方についてイメージがあれば教えてください。



【楽しみながらプレーできる】のが自分の強み。そういうスペックは備えている。

古市 野球人口が減っていると言われている現状が、やっぱりやっていた人間からすると寂しいなぁって思っている。
野球の指導については、小学生からクラブチームもそうだけど、あまり指導の体制がよくないなっていう気がするよね。小学生のチームとかだと経験者が指導できていないチームなんかもあると思っていて。素人のお父さんがお手伝いからコーチになって、入れ替わりで監督になって・・・みたいな。スポ根じゃないけどスパルタで指導するのが野球だ。みたいな風になってしまっている地域もあるから。それが、泥臭くて古いスポーツみたいに野球が思われてしまう一因だとも思うし。そこが改善できれば「もっと面白い」って思われるスポーツになると思う。
俺は小学生までは単純に「野球って面白い」て思える環境を作ってあげたい。中学校で野球をちょっと勉強して、高校で技術を勉強して。さらに上を目指すなら大学、社会人、独立リーグで。みたいなね。
でも基本は楽しみの延長で、楽しいからずっと野球をしていたい。そういう人間が声をあげられるような環境づくりをできれば。それができるなら、自分が野球をやってきたこと、これからもやっていくことの価値が出せるのかなって思っていて。
だから、SO BLUEの活動もそうだし、最近は女子野球にちょっと来て下さいよっていうような話もあったりとかしているから。そうやって、活動を広げながら、野球界に貢献できればって思っています。
あと、【楽しみながらプレーする】っていう点に関しては自分の強みだと思っているから、SO BLUEでも表現できるんじゃないかなって思う。そういうところの楽しみ方を伝えるスペックは持ち合わせていると思う。そういう役割は俺に任せてもらってもいいかな(笑)

藤原 そのスペックを持ち合わせている人がウチのチームには他に居ないですからね(笑)

古市 山田 福岡 確かに。いなそー(笑)

古市 みんな真面目な感じがするから(笑)フィットしているのかどうかっていうのも個人的には疑問を持っているよ、これで良かったのか?って(笑)

藤原 いや、めっちゃフィットすると思いますよ(笑)

古市 やっぱり、野球って楽しむものだと思うし。都市対抗とかそういう高いところ目指すにしても楽しくないと、続かないし。

藤原 すごく大事だと思います。

古市 ね。強制してやるような環境じゃないし。企業や実業団みたいに給料が発生するわけでは現段階は無いし。やっぱり、楽しくて、そこに留まってもらえる環境。かつ、野球も技術的に上手くなって、楽しくなって、みたいなサイクルができれば長く続くし、そこで色々な人と関われるし、一緒にプレーできるし。その一角を担えたらなと思うね。

福岡 そうですよね。「野球の路」でもそういうことおっしゃってましたよね。

藤原 もう、新平も「野球の路」に出られるんじゃない(笑)

福岡 え?いきなり?どゆこと?(笑)

古市 いや、多分竹村さんに言えば普通に出れるよ(笑)

福岡 え、まじですか?だったら誠人が出ればいいじゃん(笑)

藤原 俺は「野球の路」の情報収集に不安があるから、横に新平を置いて出るわ(笑)

古市 福岡 (笑)

古市 ネタがマニアックだからね〜(笑)ハマる人にはハマるやつだよね。薄い情報でなくてディープな情報を繰り出せるのがあのチャンネルのいいところだから。

福岡 ほんとですよね。ニッチもニッチだけどそれが逆にすごくて。ああいう野球の楽しみ方をしている大人がいるっていうことが凄くいいなと思いました。

古市 ほんと、あの人は野球好きなんだなって思うよ。

藤原 今、clubhouseで世間がハマリつつあることを昔からやってたって感じなのかも知れないね。

古市 福岡 あ〜、そうかもね。

藤原 ようやく時代が竹村さんに追いついてきたのではないでしょうか(笑)

古市 福岡 (笑)

#52 古市斗馬 #52 古市斗馬

福岡 いや、今日は面白かったです。今回のインタビューは古市さんと誠人と山田さんの3人のやりとりを見たかったっていう裏テーマもありましたが、聞きたいことは聞けたなって思います。

古市 なるほどね。山田さん全然喋ってないけど(笑)

山田 僕はいつもこんな感じなんで(笑)

古市 福岡 藤原 (笑)

福岡 あとは僕がいつまで山田さんを山田さんと呼ぶかと言う問題が・・・(笑)

古市 山田 藤原 (笑)

福岡 あといつから、古市さんを斗馬さんと呼ぶか問題も(笑)トーマさんっていう名前ってかっこいいじゃないですか。呼んでいいですか?

古市 あ、それは全然いいよ(笑)ちなみに斗馬って名前に特段の意味は無いらしい(笑)

福岡 無いんかい(笑)

藤原 確かに、呼び方問題ありますよね。試合とかをやってると流れでいつの間にか下の名前とかニックネームで呼んでたりするけど。リモートとかだとね〜。

古市 確かに。でも俺は最初から「藤原」とは呼んでなかったよな?(笑)

藤原 あ、それは無いですね(笑)

古市 呼んだ記憶が無い。最初からなれなれしく「誠人」って呼んでたな(笑)

藤原 初対面の時からそんな感じでビビりました(笑)

古市 京介のことも最初から京介って呼んでた気がするな。

山田 そうですね。

藤原 俺もあんまり「山田」って呼んだことないかも・・・。忘れちった(笑)

山田 「山田」とは呼んで無いんじゃないですか?(笑)斗馬さんが京介って呼んでたから、みんな京介みたいな感じでしょ。・・・新平さんは、どうします「山田」でもなんでもいいですよ(笑)

福岡 いや〜どうしよっかな。京介って呼んでいいものか・・・(笑)

山田 いやいや、全然いいですよ。むしろ、僕後輩ですよ(笑)

福岡 (笑)

藤原 山越さんと本間さんも呼び方問題ね(笑)話をすればよかったな〜。

福岡 京介・・・。呼べるかな・・・(笑)

山田 全然いいですよ。むしろ敬語じゃなくていいんで(笑)

福岡 まじか。じゃあ頑張ります(笑)

藤原 いいね〜。というところで今日もぼちぼちいい時間になったのでそろそろお開きにしましょうか。じゃあ今日の会の締めは新平さん。お願いします。

福岡 え、俺か!?えーと、じゃあここは京介に締めてもらおうか(笑)

藤原 お、勇気を振り絞って京介って呼んだね(笑)

福岡 京介って呼びたかっただけのやつ(笑)

山田 (笑)はい、じゃあとりあえず、斗馬さんは早く仕事の都合をつけてもらって(笑)まずは活動に来てくださいってのが第一ステップじゃないですか(笑)

古市 そうね〜(笑)

山田 そうなるように頑張りましょう(笑)

古市 あ、あと俺ピッチャーやりたいからよろしく。

藤原 え、めっちゃいいじゃ無いですか。やってください。じゃあホームページのメンバー紹介欄もピッチャーにしときます?

古市 いや、そこは内野手のままでいいや(笑)

山田 それ、めっちゃいいと思います。ピッチャーやってくださいよ。

古市 打たれても誰も文句言うなよ(笑)

山田 福岡 藤原 (笑)

福岡 じゃあ、今日はこのあたりで。ありがとうございました!

古市 山田 藤原 ありがとうございました!!



街に野球がある景色を100年先にも



     

back

CONTACT US
Mail : baseball@yunagisoblue.com
Instagram : yunagi_so_blue

プライバシーポリシー

Copyright © since 2021 Yunagi SO BLUE All Rights Reserved