夕凪SO BLOG

2021/06/26

【サポーターインタビュー】上平起寛さん


藤原 みなさんこんにちは。夕凪SO BLUE代表の藤原です。

まず、みなさんにご報告があります。 SNSではすでに発信させて頂きましたが、私たちの描く世界観をお伝えするために、夕凪SO BLUEのテーマ曲を作りました!それも2曲も!!笑 YouTubeチャンネルを開設し、プロモーション動画を公開しておりますので、ぜひご視聴ください。(2曲のうち、1曲を使用しています。)


プレーヤーが9人集まる前に周辺のところから着々と準備が進んでおりますが、それもまぁ面白いので良いかなと思っております。

ということで、今日はそのテーマ曲を作曲いただいた作曲者のTatsu Uehira(上平起寛)さん(ホームページはこちら)をゲストにお迎えしております。Tatsuさん、おはようございます。

Tatsu こんばんは〜。日本は今、夜の7時ですよね。

藤原 はい〜そうです。Tatsuさんはカナダのトロント在住ということで、そちらは今何時でしょうか?

Tatsu えーと。今は朝の6時ですね笑

Tatsu Tatsu

藤原 早朝から本当に申し訳ありません笑 よろしくお願いします。そして、この度は、夕凪SO BLUEのテーマ曲の作曲、本当にありがとうございました。仕上がった曲をお聴きして、Tatsuさんにお願いして良かったなと改めて思っています。

Tatsu とんでもない。こちらこそ気に入っていただけて良かったです。今日はそれをお聞きできて、私は既に満足しています笑

藤原 今日のオンラインミーティングには参加していないですが、新平(福岡新平#10)も曲をとても気に入ってくれています。実ははじめてTatsuさんとお話をさせていただいた際に「絶対この人にお願いしよう」って言い出したのは新平なんです。そして、私も同意見だったのでTatsuさんにこうしてお願いすることになりました。

Tatsu それはとても嬉しいお話ですね。そうやって選んでいただいて、実際の曲にも満足いただけて、本当に良かったです。

藤原 今回、私たちは縁があってTatsuさんに作曲をお願いすることになったんですけど、なかなか難しいオーダーをしてしまったような気がしています笑

Tatsu そうですね。このご依頼はのんちゃん(田中希#8)から久しぶりに連絡をもらったんです。のんちゃんとは大学時代のゼミが一緒だったし、一時期、彼女もカナダに来ていたので、よく話はしていました。だから、彼女が昔からスポーツが好きだったことは覚えていたんですが、今回連絡をもらった時に「今、野球チーム作りに携わっていて、そのチームの曲を作って欲しい」という話を聞いて、「のんちゃんもまだ自分の好きなことを続けているんだな」って凄く嬉しい気持ちになりました。


しかもチームのコンセプトを聞いて凄く素敵だなって思いました。今まで私にとっての野球のイメージって「男臭い」感じでしたし、音楽っていう観点で言うと「かっとばせ〜!◯◯!」みたいなお祭り的な音っていうイメージがありました。そんな中で、今回の夕凪SO BLUEではJazzと、アコースティックギター&ピアノというオーダーだったので。「あ、これは野球に対するイメージが変わるのかも」って思いました。モノの見方を変える、イメージを変えるっているのは価値の高いことだと思いますし、僕は好きですね。


藤原 ありがとうございます。こちらがイメージしていた通りのことを曲で表現していただけたんじゃないかなと思っています。Tatsuさんご自身の音楽活動のこともお伺いしたいのですが、どういったところを目標に活動をされているんですか?

Tatsu まず音楽でしっかりとお金を回して、他のミュージシャンを雇えるようにやっていきたいと思っています。やはり、仕事としてやる以上は「誰かのためになっているか」というのが大事だと思うので、気持ちなのかお金なのかわかりませんが、何かしら世の中に還元できるようにしていきたいと思っています。私自身まだキャリアを凄く積んでいるわけではないので、自分の身体に刻み込まないといけないなと思っています。自分の提供できるサービスがどの程度の対価を頂けるものなのかっていうのは現時点では探り探りなんです。なんとなく「このくらいかな?」という感覚はあるんですけど、やっぱり、そのあたりの感覚は身体に刻み込んでいく必要があるかなと思っています。その意味では今回のご依頼ではとても良い経験をさせていただきました。

藤原 きっと僕たちと同じようなニーズを持った人達っていると思うので、我々も何かしらTatsuさんの役に立てたらなって思っています。

Tatsu Tatsu

Tatsu 是非、また頼んでください笑

藤原 笑 サブスクリプションとかっていう可能性もありますか??

Tatsu うーん。今はあまり考えていなかったですね。

藤原 例えば、春夏秋冬でちょっと曲にアレンジ入れたいなってニーズがあった時に、ベースの曲は同じだけど微妙にアレンジして隙間時間で提供してみるとか?私はそういうのは嬉しいと思います。季節によって欲しい曲調って微妙に違ったりするじゃないですか。

Tatsu ああ〜なるほど。これメモさせてもらっていいですか笑 こう言う意見をいただけるのはめちゃくちゃ有難いですね。春夏秋冬っていう発想はなかったですね。確かにシーズンによって曲を変えたいっていうニーズは実はあるのかもしれないですね。

実を言うと、今回の曲作りはめちゃくちゃ楽しかったんです。曲を作る時って、通常はどれだけ最短で作れるか、生産効率を上げられるかっていうのを考えがちなんです。だけど、今回はそういうことを少し忘れてみようと思っていました。1曲にエネルギーをかけて作ってみた時に、今の自分はどんなものができるのか?ということを意識しながら作曲しました。特に今回のJazzフュージョンの曲は脳みそフル活用しながら作った感じでしたね笑

藤原 ややこしい注文をしてホントすみません笑

Tatsu いやいや、楽しかったです笑

藤原 Tatsuさんは時差がある中でも、我々のオーダーを聞くために何度もオンラインミーティングに応じて下さいましたし、とてもマメに途中経過の連絡をいただけたのでイメージ通りに作業が進んでいそうだなっていう安心感があって、我々もワクワクしながら曲の完成を待っていました。

Tatsu 本当に良かったです。是非、チームのプロモーションや球場でのサウンドとして使っていただけると私も嬉しいです。トロントから夕凪SO BLUEの活動を応援していますので、日本に戻ることがあったら、是非お邪魔させてください。キャッチボールしたいです。あと、飲みに行きましょう笑

藤原 是非!キャッチボールも飲みもウェルカムです。次回は是非我々の仲間もご紹介をさせてくださいね。今日は朝早くからお時間をいただき、ありがとうございました!

Tatsu こちらこそ、ありがとうございました!


街に野球がある景色を100年先にも


カンブリア宮殿で取り上げられていたキーコーヒーが世界に誇る【トアルコトラジャ】。酸味を感じられるコーヒーが好みの新平にとっては、お気に入りの一杯になりました。



     

back

CONTACT US
Mail : baseball@yunagisoblue.com
Instagram : yunagi_so_blue

プライバシーポリシー

Copyright © since 2021 Yunagi SO BLUE All Rights Reserved